いとしま菜の花プロジェクト

いとしま菜の花プロジェクトの、 活動報告や、今後の予定などをお知らせしていきます。

朝倉の子どもたちと過ごした一日。

20664666_1393230960726784_2809819633003907699_n

8月5日。

朝倉市杷木・志波地区の子ども30名と保護者20名が糸島へやってきました。

先月の豪雨によって、甚大な被害を受けた同地区では、小学校の体育館横ののり面が崩壊。学校は存続不可能となり、子どもたちは夏休み恒例のプールも取りやめとなりました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00010006-nishinpc-soci


復旧活動が最優先とされる日々、子どもたちの楽しみや遊びなどは、どうしても後回しになってしまいます。

先月、現地を訪れた時(実は、私の故郷でもあります)、PTA会長をしている同級生が「子どもたちが遊べんでかわいそう…」とポツリ。そっかぁ、ならば、せめて一日だけでも、志波を離れ、思いっきり楽しめるそんな日を作れたいいな…と思っていたところ、有り難いことに、LUSHから緊急支援の寄付をいただけることとなり、この一日が実現しました。

準備期間、わずか1週間。
まぁ、半分くらいが来れたらいいかな…くらいの思いだったのですが、結果、集まったのは、ほぼ全校児童という数!しかも、保護者も一緒に参加してくれることになり、びっくりやらうれしいやら…。

そして、迎えた当日。

まずは、牧のうどんで昼食。
人懐っこい志波っ子たち。恥ずかしがることもなく、むしろフランクにどんどん話してくれる。カメラを向けると、すぐに人だかり…(笑)

昼食後は「ロバのオンガッカイ」へ。
たまたま、糸島で企画されていた催しですが、主催の友人(菜の花プロジェクトのメンバーでもあります)が、オンガッカイへの優待を快く受けてくれました。
古典楽器が織りなす音。どこか懐かしく、どこか新しく、ふと夢の中に舞い込んだような不思議なオンガッカイでした。

フィナーレでは、たまたま、志波の子が指名されステージへ。楽しそうだったなぁ…♪

IMG_0105



































そして!
みんなが待ちに待ってた海へ!

深江海


もう、待ちきれない思いが全身からあふれてて、Fun!Fun!Fun!…と、喜びがはじけてました。

ひとしきり海で遊び、スイカ割りでは、子どもも大人も一緒になって、笑い転げ…。

「こんなに腹から笑ったのは、久しぶりだなぁ…」と話していたお父さんの言葉が、印象に残ってます。

復旧、復興、やらねばならないことは目の前に山積み。
みんなが大変な中「自分だけが楽しんでは…」と楽しみを自主規制してしまいがちな日々。
子どもに我慢を強いていることに、どこか罪悪感を感じつつも、大人も精一杯の非日常的日常。

・・・そんな時こそ、よそ者の役割があるのかもしれないとも思います。


20663890_1393230054060208_5553010201623647431_n


折しも、あの日からちょうど1か月。
どんな時にも、どんなことがあっても、人は人を想う。
その想いのひとかけらが、いつしか、どこかで、
あの子たちの小さな力に変わっていけますように…。


20638787_1393230284060185_4927413800298887321_n











ぶんぶん∞リトリート2017 無事終了!

01



















ぶんぶん∞リトリート2017 無事に終わりました。

7月26日~8月1日の1週間。
毎日、遊んで遊んで、笑って笑って、どの瞬間もキラキラと愛しさが詰まった日々でした。
大自然の中に身を委ねられることの幸せが、あの子たちの深いところに残るといいな。

それにしても、子どものパワーはすごい!
互いに磨き合い、魅かれあい、時に反発し合い、それでも認め合い…
そうして成長していく子どもたちの変化そのものが光でした。

来てくれて、ありがとう。
共に過ごした時間を、ありがとう。
あなたが、そこにいるだけで、ただただ、ありがとう。

また、待ってるよ~♪♪♪

★FBページに報告しています。ご覧ください。
https://www.facebook.com/bunbun.itoshima/

ぶんぶん∞リトリート2017

今年もやります!
福島の親子の保養キャンプ「ぶんぶん∞リトリート」。

年を重ねるごとに、「保養」の必要性は増していきます。
それは、福島の親子のためでもあるし、彼らとともに歩んでいくことをこの自分に刻みつけるためでもある。
ニーズと反比例するかのように、保養キャンプの開催、参加機会は減少している中、続けることの意味を問い続けていきたいと思います。

大きなことはできなくてもいい。
小さな声にこそ耳を傾けたい。

さぁ、どんな子どもたちに出会えるんだろう。
思いっきり笑って、深呼吸して、自然にすっぽりと抱かれて、
おとなもこども<大自然の子ども>に戻ろう!

報告①

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ