いとしま菜の花プロジェクト

いとしま菜の花プロジェクトの、 活動報告や、今後の予定などをお知らせしていきます。

「放射能から身を守る食事」講演会のおしらせ


IMG_3465


皆さま、こんにちは。くみこです。

毎日暑いですねー!


こんな暑い時期は、
体を冷やしてくれるトマトや夏野菜が美味しい
 食べ物とからだは 自然なつながりを持っているなーと
ありがたく思います

さて、いとしま菜の花プロジェクト、次回の企画は
そんな食べ物のお話。

福島原発事故以来、
(実は個人的にはもっと前からですが)
放射能と 食べ物と からだの関係が
気になることが増えましたよね。


私たちのイノチを育む、日々の食事。
台所は家族の薬箱とも言われます。
その当たり前に繰り返す日常が揺れ動く今、
自分の芯となる部分を見つめ直すとともに
暮らしの中で私たちに出来る事を学びたいと思います。

お話くださるのは、ムスビの会主宰の岡部賢二先生。
岡部先生のお話が糸島で聞けるなんてー
とてもわくわくしています

濃く深く、楽しい時間になること間違いなし!
どうぞお誘い合わせて聞きに来て下さい
もちろん、お子様連れもOKですよ
(ただし、会場が暑いかもしれません
 うちわなどご持参ください) 


---------------->8 以下詳細


電子書籍出版記念講演

「気になる放射能から身を守る食事」

          お話:岡部賢二先生(ムスビの会主宰)



 福島第一原発の事故以来、私たちは「放射能」というものを

意識して生活せざるをえなくなってしまいました。

いえ、正確には、原発が動いているだけでも放射能は

私たちの生活に入り込んでいたのです。

玄海原発の30キロ圏内に住む私たちの水、食べ物、大地はどうなってしまうのか、

子どもたちのために何ができるのか…不安は募るばかりです。


 一方、この環境の変化は、
これまでの暮らしのあり方、生き方を問い直し、

本来あるべき姿へとシフトするためのチャンスと捉えることも出来ます。


 今の現実に向き合い、それを乗り越えるためのヒントは、

長年自然と寄り添ってきた日本人の暮らしや伝統食の中にある…

そうおっしゃるのが、マクロビオティック講師である岡部賢二先生です。


 岡部先生はちょうど今月、同タイトルの電子書籍を出版され、

全国、また海外でも日本の伝統食の重要性について講演なさっています。

 

 マクロビオティックから見た放射能と人の体との関係、

放射能対策となる食事、など… 

温かく明るく、そして深い心で世界を見ていらっしゃる岡部先生から

どのようなお話が伺えるか、とても楽しみです。


 自分と家族のイノチの根源である、食事。

生きる根本となる「食べる」ということを丁寧に見直し、

私たちにできることを学びたいと思います。


 今回も伊都安蔵里さんに共催していただきました。

先人の息づかいを感じる幕末に建った醤油蔵で、

皆さんと素敵な時間を共にできることを楽しみにしています。




 日時  8月10日(水) 10:00 ~ 12:00

        終了後~14:00 希望者のみ昼食会(7日までに要予約)


 場所  伊都安蔵里 2階和室 (糸島市川付882)


 参加費 1500円 (昼食会参加者は +1000円)


 申込  ①名前 ②人数 ③連絡先 ④昼食会参加希望の有無 を明記のうえ、

いとしま菜の花プロジェクト (担当:大松)へお申込ください。

        itonanohana@yahoo.co.jp    090-6004-7038



※託児はございませんが、お子様連れでもお気軽においでください。

※お車でお越しの際は、第二駐車場をご利用ください。

(八反田信号から白糸の滝方面に直進、JAガソリンスタンドの向かい)

※会場には扇風機しかなく暑くなることも予想されます。団扇やタオルなど各自ご用意ください。

 

主催 いとしま菜の花プロジェクト http://nanohana.aikotoba.jp/

    伊都安蔵里         http://itoaguri.jp/



岡部先生のプロフィールはこちら  ムスビの会ホームページ




ぶんぶんCafé@七夕

7月7日、七夕に開いたぶんぶんCaféは、盛りだくさんの一日。

06


まずは、午前中のワークは七夕にちなんで「こんな糸島になりますように…」と願いを書く短冊ワークショップ。
この日のために、前日、半紙でこよりを作っておきながら、忘れてきてしまったドジな私でしたが、短冊に見立てたポストイットに、それぞれ「こんな糸島になってほしい。こんな糸島で暮らしたい」というビジョンを書いてもらいました。07

「海と川と山と田んぼが今のままあり続けてほしい」
「おいしい水を飲み続けられますように」
「大人が先の世代のことを考えて行動できるまち」
「じいちゃん、ばあちゃん、子どもも日々交われる!」
「電気も食べ物も自給できる糸島に!」

などなど…

08












主なキーワードとしては
【自然環境】【子ども】【食】【経済・エネルギー】【コニュニティ】【自給自足】。

原発やグローバル経済など、人間や自然に負荷をかける大規模なものではなく、目に見える範囲で「食(food)」「経済・エネルギー(economy、energy)」「コミュニティ(community)」が自給自足できる糸島を目指したいねぇ~とそんな話も出てきました。


子どもを抱える私たちにとって、今身近にある「あたりまえ」のものを「あたりまえ」に残していく、つなげていくことはとても大切なことです。
でも、それは、意識しなくては守っていけないのだということを、フクシマの事故から学びました。

10つまりこの短冊ワークショップは、いわば「意識化」作業。
私は、この糸島の何を大切にして、それをどう育んでいきたいのか…
普段、何気なく思っていることをしっかりと自分の中で意識化して、それを自分の言葉で表現していくことで、これからの糸島、そしてその中で暮らす私の在り方に明確な方向性が生まれます。

光に向かって伸びていく木々のように、今日、みんなで出し合ったこの「糸島の未来像」に向かって、私たちらしく、歩いていきたいなぁ…
改めて、そう思いました。

+++++

04さて、お昼は、「ベジカレーランチ」!

おからサラダもお手製の豆乳ヨーグルトも、その酸味が初夏にぴったりの味でした

11















+++++

そして、午後からは、今日のメイン!
田北雅裕さん(九州大学大学院・総合新領域学府・ユーザー感性学専攻)によるまちづくりのお話です。
*プロフィール→ http://trivia.gr.jp
15
まず、「僕の出発点はここ」と紹介してくれたのは何気ない「橋の下」の写真でした。
そこは、高校時代、自分が自分であることを確認できた「ぼくの場所」。
ところが、大学で故郷を離れた間にすっかり「きれい」になってしまっていたのだそうです。
その時の大きな喪失感、そして「公共性」という言葉の持つ意味に感じた疑問が、「まちづくり」や「地域文化デザイン」にかかわるようになった原点だとおっしゃる田北さん。
「ぼくらの日常は、他人から見るとちっぽけに思えても、自分にとってはとても大切な個人的でローカルな事項」という言葉に心からの共感を覚えました。

その後、田北さんのこれまでの活動「杖立ラボ」「南阿蘇えほんのくに」「オモイデアンケート」「こうのとりのゆりかご」などを紹介してもらったわけですが、その体験の中から紡ぎだされた言葉が、またとっても素敵!

例えば…

「見えなくなったものを見る」
「好きなものではなく違和感を手放さない」
「プロジェクト(制度)の時間ではなく生活の時間で共感をはぐくむ」
「『伝えよとしていること』ではなく『つい伝わってしまうこと=秘密』が本質」
「引き算のワークショップ」
「理解ではなく共感をふやす」などなど…

14深淵に触れるような言葉の数々に、私の感性はビビビッと反応しまくっていました。
また、これからの「いとしま菜の花プロジェクト」の方向性やその芯となる部分についても多くのヒントをもらったと思っています。

まちや人やできごとやくらしに向ける田北さんのまなざしの丁寧さ、そして洗練された感性と表現にめいいっぱい刺激を受け、とても満たされた時間でした。

田北さん、ありがとうございました。


+++++

17このあと、武雄から馳せ参じてくださった長尾さんも交えて、「サンセットライブへむけたMTG」に移りましたが、
そのことの報告は、また後日…

ちょっと予告ですが、いとしま菜の花プロジェクトは9月2~4日に開かれる「サンセットライブ」へブース出展します
今、ワクワクするような企画を出し合っているところですので、お楽しみに♪



13おやつは焼きドーナツ



アジアの樹



きちんと確かめたい!糸島市の防災対策

so_041[1]


梅雨明けですね~。
一気にセミの声が響き渡っています。

さて、今週のぶんぶんCaféのテーマは「防災対策」。
糸島市危機管理課の防災係長にきていただき、お話を伺います。

玄海原発20~40kmという距離に位置しながらも、「防災対策重点地域(EPZ)」外という法的理由だけで、これまで何ら特別な対策をとれなかった糸島市ですが、フクシマの事故を受け、確実に被害をこうむるという現実を直視しつつ動き始めています。

具体的に、市は何をやろうとしているのか?
何か起こった時、私たちはどうすればいい?どこに逃げるの?
子どもたちは?学校の対応は?
そもそも、原発事故から逃げることは可能?等など・・・
疑問に思っていること、不安を抱えていること、いろんなことを直接尋ね、対話する時間を作りたいと思います。

もちろん、お子様連れや糸島市外の方も参加OKですよ。


◇◆◇きちんと確かめよう!糸島市の防災対策◇◆◇
        お話:糸島市危機管理課 末長防災係長

◆日時:7月14日(木) 10:00~12:00
      *この日は、通常の開始時間より早いですので、ご注意ください!
◆場所:みつばちおうちえん http://38nagaya.seesaa.net/
     (糸島市久家648-3)
    *場所がわかりづらい場合は、お電話ください(090-6004‐7038 オオマツ)

◆参加費:無料 *ただし1オーダー制にご協力ください(Caféメニューあります!)


アジアの樹


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ