いとしま菜の花プロジェクト

いとしま菜の花プロジェクトの、 活動報告や、今後の予定などをお知らせしていきます。

2012年07月

糸島キャンドルナイトラリー2012

キャンドルナイト表続きを読む

【報告】「シェーナウの想い」上映会&木村雄一さんトークライブ


7月28日。
原発なくそう!九州玄海訴訟「いとしまの会」主催で行われた
「シェーナウの想い」上映会&木村雄一さんトークライブへ行ってきました。

「シェーナウの想い」はずっと観たかったドキュメンタリー映画。
ドイツ南西部、シェーナウ市。
黒い森の中にある小さな町を舞台に、チェルノブイリ原発事故をきっかけとして「自然エネルギー社会を子どもたちに」という思いで立ちあがった市民グループが、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を追ったものです。



映画の中でインタビューに答えている市民グループのメンバーは、最初は、ただただ「何も知らなかった」一人の市民。それが、チェルノブイリ事故の後に、自分の暮らしを左右する食べ物やエネルギーや政治の在り方に対して「他人任せにしてはいけない」と動き出した人々です。
特別な知識や経験があったわけではない。
お金や権力なんて、もちろんない。
国こそ違えども、私の隣にもどこにでもいそうなおじさんおばさん達。

そんな彼らが起こした小さな町の大きな変化。
それをなしえたキーワードは『自立』なのだと感じました。

彼らが目指したのは、大手電力会社による独占的な電力供給からの自立。
また、その選択の方法も、住民投票という、市民一人一人が自立した存在として、社会や政治にかかわることを重要視していること。

何よりも、彼ら一人一人の考えや行動が自立していることに感動しました。


糸島でもやりたい!作りたい!
いや、糸島ならやれる!作れる!

私は、真剣にそう思っています。

+++

後半は、九州LOVERS木村雄一さんのトーク。

木村さんは、 宮城県石巻市出身。3.11当時は、福島市でライブハウスを経営。生後半年も満たな

い娘を放射能から守るため、昨年6月に佐賀県鳥栖市へ避難してこられました。

実は、昨年の冬、菜の花メンバーでもあるアッコちゃんを通して「子どもの冬服を送ってください」という依頼があり、数名のメンバーが協力して子ども服を送ったことがあります。
その送り先が、この木村さん。

冒頭「私たちが佐賀に越してまもなく、届いた段ボールが菜の花プロジェクトさんからのものでした。」と壇上からお礼を言われ、あのときのあのご縁が、こうして今日につながっている…そのメグリアワセの不思議さとつながりの有難さをひしひしとうれしく感じました。

木村さんの話は、とても明快でわかりやすく、何よりも、被災と避難の「当事者」として語られる言葉は、ストレートに響きます。

・これは福島の事故ではない。日本が起こしたもの。日本のほとんどが被害地。
・県外自主避難者には補償がないこと。
・何かあっても情報はすぐには知らされない。数日後にぬけぬけと開示される。
・今日、始めて糸島に来て、思ったこと。「何かあった時、避難できるの?道は?」
・大震災を機に学んだこと。子どもに残したいこと。それは「空気・水・たべもの」
 よく、「人間のいのちは地球より重い」と言うが、それは違う。やはり、地球のいのちは重い。それがないと私たちは生きていけない。

などなど・・・

それから、木村さんの電気に対するとらえ方についても目からうろこでした。
「電気は難しくない。ほら、車の中で使っているクーラーや音楽やテレビ、あれは、九電の電力配給なしに可能でしょう?電気は作れるんです。本当に生活に必要な電力くらいは、自給自足できる。」と。

私は『脱原発』ではなく『脱電力会社』…なるほど!

そんな木村さんは、現在は「九州LOVERS
ロジェクト」を立ち上げ、新鮮で放射能フリーな野菜を仲間と栽培し福島へ送る活動
をされています。
また、保養プロジェクトも立ち上げ、長崎のたか島で町おこしとからめながら相互交流を深めようとされています。
 http://kyushu-hinan.net/9-lovers/home.html



実は、野菜を送ることや保養プロジェクトには、木村さんのもう一つの想いが込められています。

「福島や周辺に今も住んでいる人たち(特に子どもを持つ家族)に、『自分たちは安全な食べ物を送ってもらわないと暮らせない場所に住んでいることに気づいてほしい。危機感を感じてほしい。そして、出来ることなら、今からでもいい、避難してきてほしい」

「避難してきた僕らだから言えるんです」
という木村さんの心からの思いに、胸を打たれました。


3.11以降、「当事者性」について、いろいろと考えている私ですが、木村さんとの出会いによって、たくさんの気づきと一つの答えをもらったように思います。



木村さん、開催してくださった九州玄海訴訟「いとしまの会」のみなさん、どうもありがとうございました。

「シェーナウの想い」上映会&九州LOVERS木村雄一さんトークライブ

いよいよ、明日です!



『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』上映会&九州LOVERS村雄一さんトークライブ

◆日 時:728日(土) 13301700 *終了後交流会あり。
     開場1330
     上映1400
◆場 所:伊都文化会館 視聴覚室(福岡県糸島市前原東2丁目2-7)
    *筑前前原駅より徒歩10分。
◆資料代:500円 (定員100名) 
◆予 約:Facebookにて または 
     いとしま法律事務所 tel092-332-9960 fax092-321-0220 
     e-mail: no_genpatsu_ito@goo.jp
   *予約優先です!定員になり次第締め切らせていただきます。
   *映画・九州LOVERSの詳細は
     http://kyushu-hinan.net/9-lovers/home.html
   *託児はございませんが、お子様づれの方もどうぞご遠慮なくお越しください。
主 催:原発なくそう!九州玄海訴訟「いとしまの会」


映画『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』



 ドイツ南西部、黒い森の中にある小さな町シェーナウ市の市民グループが、チェル
ノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という思いか
ら、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるま
での軌跡をつづるドキュメンタリー
http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/eiganaiyou.html

木村雄一さんトークライブ(九州LOVERS代表)
 宮城県石巻市出身。3.11当時は、福島市でライブハウスを経営。生後半年も満たな
い娘を放射能から守るため、昨年6月に佐賀県鳥栖市へ避難。現在は「九州LOVERS
ロジェクト」を立ち上げ、新鮮で放射能フリーな野菜を仲間と栽培し福島へ送る活動
をしている。
 ご実家の津波被害、福島原発事故から避難に至るまで、そして現在の思い、活動を
熱く語っていただきます。
 http://kyushu-hinan.net/9-lovers/home.html


山口へ行ってきました。

横断歩道


7月22日(日) 下関。
山口県知事選の応援へ行ってきました。

「山口を自然エネルギー王国へ!」と、飯田てつなりさんが立候補されています。

下関駅前での街頭演説の様子。
滋賀県知事の嘉田さん、XジャパンのSUGIZOさんも応援に!
sugizo

「ぼくは、これまで、特定の個人や政党をこうして応援することはありませんでした。でも、今回だけは違います。なぜなら、飯田てつなりさんだからです。」とSUGIZOさん。

決して言葉数多くはありませんが、その分、一言一言に重みがあります。
本気で応援に駆けつけてきたことが、私にはよく伝わりました。

sugizo2

美しい人でした。


演説に耳を傾ける聴衆。人人人…。

街宣

私たちも、横断幕で盛り上げました!
街宣横断幕


合間には、選挙事務所でチラシの手折り作業や電話かけのお手伝い。
中村隆市さんも、こうしてチラシ折り。

隆市さん


そして、夜は海峡メッセで応援集会。
1階アリーナは、1000人ほど人で埋め尽くされました。

ここでも、嘉田滋賀県知事とSUGIZOさんの応援演説。
そして、飯田てつなりさんの選挙演説。

上関原発の白紙撤回。
玄海原発や伊方原発に対しても、直接被害をこうむる「地元」として、再稼働への反対を意志表示していくことをきっぱりと明言されていました。

お金もエネルギーも地元で回すことで、自立した地域を作ることができる。
これまでのような名ばかりの民主主義ではなく、一人ひとりの意見が反映される仕組み(たとえば住民投票など)を作り、本物の民主主義を山口から始めよう!

そして、最後に、吉田松陰の名言を引用しつつ、こうおっしゃってました。

「飯田さんの言ってることは夢物語だという人がいる。
でも、かの松陰先生もこうおっしゃってます。

------

夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行 なき者に成功なし

故に、夢なき者に成功なし!

------

夢物語、大いに結構。
みなさん、一緒に夢を実現しましょう。」

演説が終わり、会場一体に緑の旋風が起こりました。

夜、緑の旗


外に出ると、すっかり暮れてしまった下関の空に美しい三日月が…
今、確実に維新の風が起こっている。
…そんな節目に、私達はいるのだと感じました。

夜の月





アジアの樹

*写真の一部は、亀山ののこ撮影




ひとりデモ

283738_10150948890578157_62896059_n


明日(7月22日)、福岡で初のフェイスブックデモが開かれます。
山本太郎さんも参加!心強いですね!

http://tinyurl.com/7fdmcsx

日 時:7月22日()

    16:00 集会開始 16:30デモ出発

場 所:福岡市・冷泉公園 福岡市博多区上川端町

    地図:http://tinyurl.com/6rr76od

 <雨天決行>

山本太郎さん参加。

デモ:冷泉公園 →天神 →九電本社前 →天神パルコ前。

連絡先:080-3991-3030(黒田)



+++

友人に、こんなブログを紹介してもらいました。

ちびたの4コマ育児日記「ひとり行動(デモ編)」
http://ameblo.jp/tibitabebi/theme-10055309648.html

「うん、うん。よくわかる・・・」
「そうだよね~」
と、共感するところ大大大!

笑いながらも、ジーンとしたりして。。。

ぜひ、見てみてくださいね。



アジアの樹

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ