いとしま菜の花プロジェクト

いとしま菜の花プロジェクトの、 活動報告や、今後の予定などをお知らせしていきます。

2013年09月

秘密保全法 パブリックコメント募集!

2013030715170000


昨年、菜の花プロジェクトでも勉強会を開いた「秘密保全法」。
安倍政権は、秋の臨時国会に「特定秘密保護法案」を提出する準備を進めているらしく、
今、国民に意見を問うパブリックコメントを募集しています。

-------------------------------------------------------
「特定秘密の保護に関する法律案の概要」に対する意見募集
 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060130903&Mode=0 
〒100-8968 東京都千代田区1-6-1
 内閣官房内閣情報調査室「意見募集」係宛
 tokuteihimitu@cas.go.jp FAX03‐3592‐2307

-----------------------------------

「なんかいやだ」って気持ちはあるけれど、パブリックコメントになんて書いていいかわかんない・・・という方、
日弁連が文例集をまとめてくださっています。

そのまま出せる4つのバージョンです。
拡散もちろんOKとのことです。
ヘッダの「文例」となっているところは消してから提出してください。

・パブコメ意見書案1ページ版1
 http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/130912nichi1-1.doc
・パブコメ意見書案1ページ版2
 http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/130912nichi1-2.doc
・パブコメ意見書案1ページ版3
 http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/130912nichi1-3.doc

・パブコメ意見書案3ページ版
 http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/130912nichi3.doc


また、秘密保全法の危険性については、東京新聞「社説」に詳しく書かれてあります。

【社説】 秘密保護法案 軍事国家への入り口だ
(2013年9月13日 東京新聞)

 政府が進める秘密保護法案は、国が恣意(しい)的に情報統制を敷く恐れがある。「知る権利」と真正面から衝突する。軍事国家への入り口になってしまう。

 自由や人権などよりも、国の安全保障が最優先されるという思想が根底にあるのだろう。政府が公表した秘密保護法案の概要を見ると、そんな印象を強く持つ。

 かつて検討された法制と異なるのは、特段の秘匿が必要な情報である「特定秘密」の事項だ。(1)防衛(2)外交-は同じだが、「公共の安全および秩序の維持」の項目を(3)安全脅威活動の防止(4)テロ活動の防止-と改めた。

◆情報隠しが横行する

 公共の安全や秩序維持の文言は、社会のあらゆる活動に投網をかけると強く批判されたため、今回は変形させたのだろう。

 それでも問題点は山積だ。まず、特定秘密の指定範囲である。行政機関の「長」が別表で指定するが、中身があまりにも茫漠(ぼうばく)としている。防衛については十項目あり、「自衛隊の運用」が最初に規定されている。「運用」の言葉だけでは、どんな解釈も可能だろう。防衛相は恣意的に特定秘密のワッペンを貼り、さまざまな情報を国民の目から覆い隠せる。

 現行法でも昨年末時点で、防衛秘密の指定事項は二百三十四件にものぼる。秘密文書も膨大となり、一昨年末では約八万三千点が隔離された状態だ。

 外交分野でも同じだ。例えば「安全保障に関する外国政府との交渉」と別表に漠然と書かれているため、外相はいかなる運用もできよう。違法な情報隠しすら行われるかもしれない。

 ある情報が特定秘密に本当にあたるかどうか、国会でも裁判所でもチェックを受けないからだ。形式的な秘密ではなく、実質的な秘密でなければならないが、その判断が行政の「長」に任されるのは、極めて危うい。

◆「知る権利」への脅威だ

 安全脅威やテロの分野も解釈次第で、市民レベルの活動まで射程に入る恐れがある。

 言い換えれば、国民には重要でない情報しか与えられないのではないか。憲法は国民主権の原理を持つ。国政について、国民が目隠しされれば、主権者として判断ができない。秘密保護法案は、この原理に違背するといえよう。

 憲法には思想・良心の自由、表現の自由などの自由権もある。政府は「国民の知る権利や取材の自由などを十分に尊重する」と説明しているものの、条文に適切に生かされるとは思えない。

 特定秘密を取得する行為について、「未遂、共謀、教唆、扇動」の処罰規定があるからだ。あいまいな定めは、取材活動への脅威になる。容疑がかかるだけでも、記者やフリーランス、市民活動家らに家宅捜索が入り、パソコンや文書などが押収される恐れが生じる。少なくとも、情報へのアクセスは大きく圧迫される。

 「取材の自由」はむろん、「知る権利」にとって、壁のような存在になるのは間違いない。政府は「拡張解釈し、基本的人権を侵害することがあってはならない」旨を定めると言うが、憲法で保障された人権を侵してはならないのは当然のことである。暴走しかねない法律だからこそ、あえてこんな規定を設けるのだろう。

 驚くのは、特定秘密を漏らした場合、最高で懲役十年の重罰を科すことだ。現在の国家公務員法では最高一年、自衛隊法では五年だ。過去のイージスシステムの漏洩(ろうえい)事件では、自衛官に執行猶予が付いた。中国潜水艦に関する漏洩事件では、起訴猶予になった。現行法でも対処できるのだ。重罰規定は公務員への威嚇効果を狙ったものだろう。

 そもそも誰が特定秘密の取扱者であるか明らかにされない。何が秘密かも秘密である。すると、公務員は特定秘密でない情報についても、口をつぐむようになる。ますます情報は閉ざされるのだ。

 しかも、国会の委員会などで、公開されない秘密情報も対象となる。つまり国会議員が秘書や政党に情報を話しても罪に問われる可能性がある。これでは重要政策について、国会追及もできない。国権の最高機関である国会をないがしろにするのも同然だ。

◆憲法改正の布石になる

 新法の概要に対する意見募集期間も約二週間にすぎず、周知徹底されているとはいえない。概要だけでは情報不足でもある。政府の対応は不誠実である。

 米国の国家安全保障会議(NSC)をまねた日本版NSC法案も、秋の臨時国会で審議される予定だ。集団的自衛権をめぐる解釈も変更されかねない。自衛隊を国防軍にする憲法改正への道だ。

 秘密保護法案はその政治文脈の上で、軍事国家化への布石となる。法案には反対する。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013091302000147.html

サンセットライブ2013

2013090816110000


9月6日~8日
今年も、サンセットライブ2013にブース出展しました!

私たちは、森のステージエリア(旧サンセットステージ)とキッズ・ファミリーエリアの2か所でブースを展開。

2013090816120002森のブースでは「No Nukes!  Yes Green!」がテーマ。
「風船プロジェクト」や「脊振山系森と水のねっこわーく」とともに、
フェイスペインティングで楽しんだり、玄海原発再稼働に対するシール投票を行ったり、写真を展示したり・・・。2013090815560000

フェイスペインティングは、顔や腕に、思い思いのメッセージやイラストをリクエストにこたえつつ描いたのですが、予想以上のうれしい反響で、3日間で延べ200人近い方が来場してくださいました。

フェイスペインティングは、楽しいだけではなく、いろんな会話のきっかけにもなりました。
「おれ、石巻に行ったんですよね・・・」とバリバリの若い兄ちゃんがポツリ。
「やっぱ、行くとみえてきますよね。他人事じゃない・・・。俺たち若いのが、声をあげなきゃ。」
ふとみると、彼の目は赤くなってました。

その他にも、あ~このブース、癒される・・・と、脊振の写真をずっと眺めてくださった方、「No Nukes」を頬にでかでかと書いて!というリクエストのあと、何度もブースに顔を出してくれて私たちにドーナツまで差し入れしてくれた方、
ブース終了間際に、まだ、署名していいですか?・・・と友人をわざわざ連れて来てくれた方などなど、
おかげさまでたくさんの出会いがありました。

2013090816110001風船プロジェクトのシール投票も、
最終的に 「玄海原発の再稼働に賛成:18、反対:258、わからない:4」 と280人もの方の反応がありました。
シンプルすぎるほどの質問でしたが、少しでも若い人たちに原発のことを考える、思い出す、小さなヒントになったのではと思います。
「家族の分まで貼っていいですか!」と反対に5枚もシールを貼る人や、「おれ、むっちゃ近くいすんでる。確かに嫌だけど、経済が成り立たんことには・・・。きれいごとばかりはいえない」と正直な気持ちを伝えてくれた人もいました。

このシール投票は、結果よりも「自分の意思表示をする」ことに意味があるのだと思います。
そして、それを通して対話のきっかけをもらったことを、うれしく感じます。




IMG_20130911_091205
海のブースも、子どもたち(昔子どもだった人も…)のたくさんの笑顔があふれて、いい空間でした♪
こちらでは、テント内で楽器作りのワークショップ、砂浜では、Ki-boこども造形教室の江口さん、山口さんにご協力いただき、ボディペインティングをやっていただきました。
(江口さん、山口さん、ありがとうございました!)
*ボディペインティングでの様子はこちらへ・・・。
https://www.facebook.com/Atelierkibo




そして、最終日には、皆さんに書いてもらった「糸島の自然へのメッセージ」を灯したキャンドルナイト。
森のブースの一角に、こんなにあたたかいピースマークが灯りました。
1174624_412371348869143_1582677517_n



天気も、心配されていた台風をふっとばし、2日目の雨もなんのその、最終日にはこの青空っ!
さすがサンセットマジック♪

実行委員会のみなさん、本当によく動くスタッフの皆さん、そして、一緒に盛り上げてくれたメンバーのみんなへ、最高のリスペクトと拍手を・・・♪

また、来年もこの空に会いたいな…。

2013090810280001









livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ