いとしま菜の花プロジェクト

いとしま菜の花プロジェクトの、 活動報告や、今後の予定などをお知らせしていきます。

報告

ぶんぶん∞リトリート

いつかやりたいと思っていたこと。

保養キャンプ。

今年、その「いつか」が実現しました。

背中を押してくれたのは、鎌仲ひとみさんの映画「小さき声のカノン」。
それを見て、そのあと、糸島でのお話会の時に「わたし、糸島で保養をやります!」と宣言したのでした。

それがなぜだったかはよくわからない。
ただ、今やらなきゃ、いつまでたっても忙しさを言い訳にしそうな気がしたこと、そして何よりも、何一つ解決しないままなんとなく忘れていくような自分でいたくなかったこと・・・そんないろいろな思いが入り混じって、思わず「やります!」と口にしたのが4月のはじめでした。

不思議ですね。
その後、いろんな人が「一緒にやろう!」と集まり、仲間たちと実行委員会を作りました。
カンパやら食材の寄付やらもあちこちから集まりました。
その度に、「いつか・・・」と思っていたのは私だけではなかったこと、みんな、心のどこかに、やり場のないもやもやを抱えていることを知りました。

そして公募。
初めての募集。糸島という遠い場所、縁もゆかりもないところに、誰が来てくれるのだろう…との一抹の不安は、次々に届く問合せや応募のメール、電話ですぐに吹っ飛んでいきました。
2日目にしてすでに定員に。その後も問い合わせが続き、結局数組の方は受け入れられずお断りしたほど。保養のニーズの高さを実感しました。

一つ一つ準備を重ねて迎えた当日。
お互いに緊張気味だった空港での出会い。
バスで糸島へ。その途端に子どもたちが「散歩行こう!虫取りいこう!」と。
緊張と疲れで硬かった表情が一気に和らぎました。
日暮れの田んぼ道。トンボを負う子どもたち。それを見つめるお母さんたち。
今でもあの景色は、印象的です。
自然の懐の大きさを感じました。
やっぱり、大人も子どもも、大自然の中ではみんな子どもなんだと思いました。

思いっきり自然の中で遊ぶこと。
身体も心もをほぐし、リラックスすること。
自分をゆるすこと。

たくさん笑いました。
たくさん泣きました。

1週間という短い時間の中で、何か大そうなことができたわけではありません。
でも、保養の大切さは痛いほどわかりました。
自然の美しさも、それを身体まるごとで感じる楽しさも、畏れも、受け入れられているという安心感も、私たち人間だけで伝えられるものではありません。
五感すべてで自然を味わってほしい子ども時代から、それを奪っている社会の罪深さ。
その社会に私も生きているということへの自覚。

とても言葉にはできないほどの思いがあふれています。
その一つ一つがとても愛しく感じます。

時間をかけて、ゆっくりでいいから、ぽとりぽとりと、自分の言葉にできたらいいな…と思ってます。

一つだけ、言えること。
やってよかった。
それだけは、強く思います。

出会ってくれたすべての人へ、ありがとう。


追伸:詳細は、FBに報告しています。
https://www.facebook.com/bunbun.itoshima?ref=aymt_homepage_panelIMG_6970









サンセットライブ2013

2013090816110000


9月6日~8日
今年も、サンセットライブ2013にブース出展しました!

私たちは、森のステージエリア(旧サンセットステージ)とキッズ・ファミリーエリアの2か所でブースを展開。

2013090816120002森のブースでは「No Nukes!  Yes Green!」がテーマ。
「風船プロジェクト」や「脊振山系森と水のねっこわーく」とともに、
フェイスペインティングで楽しんだり、玄海原発再稼働に対するシール投票を行ったり、写真を展示したり・・・。2013090815560000

フェイスペインティングは、顔や腕に、思い思いのメッセージやイラストをリクエストにこたえつつ描いたのですが、予想以上のうれしい反響で、3日間で延べ200人近い方が来場してくださいました。

フェイスペインティングは、楽しいだけではなく、いろんな会話のきっかけにもなりました。
「おれ、石巻に行ったんですよね・・・」とバリバリの若い兄ちゃんがポツリ。
「やっぱ、行くとみえてきますよね。他人事じゃない・・・。俺たち若いのが、声をあげなきゃ。」
ふとみると、彼の目は赤くなってました。

その他にも、あ~このブース、癒される・・・と、脊振の写真をずっと眺めてくださった方、「No Nukes」を頬にでかでかと書いて!というリクエストのあと、何度もブースに顔を出してくれて私たちにドーナツまで差し入れしてくれた方、
ブース終了間際に、まだ、署名していいですか?・・・と友人をわざわざ連れて来てくれた方などなど、
おかげさまでたくさんの出会いがありました。

2013090816110001風船プロジェクトのシール投票も、
最終的に 「玄海原発の再稼働に賛成:18、反対:258、わからない:4」 と280人もの方の反応がありました。
シンプルすぎるほどの質問でしたが、少しでも若い人たちに原発のことを考える、思い出す、小さなヒントになったのではと思います。
「家族の分まで貼っていいですか!」と反対に5枚もシールを貼る人や、「おれ、むっちゃ近くいすんでる。確かに嫌だけど、経済が成り立たんことには・・・。きれいごとばかりはいえない」と正直な気持ちを伝えてくれた人もいました。

このシール投票は、結果よりも「自分の意思表示をする」ことに意味があるのだと思います。
そして、それを通して対話のきっかけをもらったことを、うれしく感じます。




IMG_20130911_091205
海のブースも、子どもたち(昔子どもだった人も…)のたくさんの笑顔があふれて、いい空間でした♪
こちらでは、テント内で楽器作りのワークショップ、砂浜では、Ki-boこども造形教室の江口さん、山口さんにご協力いただき、ボディペインティングをやっていただきました。
(江口さん、山口さん、ありがとうございました!)
*ボディペインティングでの様子はこちらへ・・・。
https://www.facebook.com/Atelierkibo




そして、最終日には、皆さんに書いてもらった「糸島の自然へのメッセージ」を灯したキャンドルナイト。
森のブースの一角に、こんなにあたたかいピースマークが灯りました。
1174624_412371348869143_1582677517_n



天気も、心配されていた台風をふっとばし、2日目の雨もなんのその、最終日にはこの青空っ!
さすがサンセットマジック♪

実行委員会のみなさん、本当によく動くスタッフの皆さん、そして、一緒に盛り上げてくれたメンバーのみんなへ、最高のリスペクトと拍手を・・・♪

また、来年もこの空に会いたいな…。

2013090810280001









【報告】Project99%タウンミーティングin糸島

DSCF3501


12月4日(火)選挙公示の日。 糸島・龍国寺にて、

『99%のための社会をつくろう~Project99%タウンミーティングin糸島~』を開きました。

講師は、Project99%代表の安部芳裕さん
http://project99.jp/
DSCF3513
今回の選挙の争点ともいうべき 原発・TPP・増税についてわかりやすく解説し、99%の国民のために動いてくれる政治家を選ぶポイントなどを含めて、全国各地でタウンミーティングを開いてらっしゃいます。
(なんと、交通費も謝礼金もなし、すべて手弁当です!)

選挙告示以降、ずっともやもやを抱えていた私でしたが、このままただじっと指をくわえたままではいたくない!と思い立ち、ダメ元でオファーしてみたところ、1週間前というむちゃぶりにもかかわらず、即承諾。(安部さん、感謝~!)

たとえ数名でも構わない・・・と思いながらの呼びかけでしたが、なんと40名を超える参加があり、「同じような思いを抱えている人がこんなにいるのだと、それだけでも勇気づけられた思いでした。

そう。やっぱり、今回の選挙、何かがヘン!
それをキャッチしている人はあちこちにいるのだと思います。

そして、安部さんのお話は、私たちが抱えていたもやもやの実情を明らかにし、視界をクリアにさせてくれる、とても分かりやすいお話でした。

前半は、選挙の争点でもあり「日本を崩壊させる三大リスク」ともいわれる

・原発
・増税
・TPP

について、パワーポイントの豊富な資料を基に解説していただきました。

*お話の内容は
  http://project99.jp/?p=4168
  →  糸島タウンミーティング資料
  でご覧いただけます。

個人的に、脱原発に関しては既知のことであっても、増税・TPPに関しては知らないことが多く、本当に勉強になりました。
それにしても、知れば知るほど、本当のことは国民に知らされていないということ、1%の既得権のために99%の私たちは都合よく操作されていること、その不条理な構造を腹立たしく感じます。

そんなさまざまな思いを、後半は小グループに分かれてシェア。
DSCF3510

あちらこちらで、怒りや呆れ、疑問や不安など、あふれる思いや声が湧き上がっていて、会場は一気にヒートアップ

最後に、各グループから出た意見や質問を全体で共有し、安部さんからの回答、さらに突っ込んだ話のやり取りが続き、あっという間に終了時間をオーバーしてしまいました。

印象的だったお話はたくさんあるのですが、中でも、はっと目を覚まされたのが「信じるな!」という言葉。

政治家を信用するというのは、だれかに依存しているということ。
依存ではなく、自分たちもともに、この国をよくしていく・・・という自覚が大切。
だから「信じるな!」

・・・私はこの言葉に、安部さんの逆説的ともいうべき「希望」を見た気がしました。
誰よりも、この国を信じたい。必ず良くなると信じたい。見せかけではなく、本物の民主主義へと成長していくことを信じたい。
きっと、安部さんは、心からそう願っている。その力は、一人一人が必ず持っているのだと信じている。
(でなきゃ、手弁当で全国行脚のタウンミーティングなんてやりませんよ)
・・・そう受け取りました。


つい、暗い気持ちになりがちな現実。
けれど、
日本はまだ間に合う!

安部さんは、そうおっしゃってます。

+++

おカネの力を封じ込めることができるのは法の力だけである。
原発はやめることを決めればすぐに止められる。
消費税増税は消費増税廃止法案を出して可決すれば止められる。
TPPは参加表明をしても国会で批准しなければ止められる。
国民のために働く政治家を応援して、彼らに政権を取ってもらおう!
民主主義は多数決。おカネでは勝てなくても数なら勝てる! 



政治に関心を持たないことは白紙委任状を渡すのと同じ。
法律とは全ての国民を強制力で縛ることができるもの。
原発で国民の生命と健康を脅かし、
増税で国民の財産を奪い取り、
TPPで国の主権を売り渡そうとする政治家を退場させ、
日本を主権者である国民の手に取り戻そう!

(タウンミーティング資料より抜粋)

+++

お金の力に対抗できるのは「法」だけ。
その法律を作れるのは国会議員だけ。
だからこそ、国民のために働く政治家を応援して、政権を取ってもらうしかない。

*そのための参考:政党通信簿↓
http://project99.jp/?page_id=3774


今回の選挙は、そのためのとってもとっても大事なチャンス!
だからこそ、よく調べて、判断し、「国民のために働く政治家」を見極めよう!


投票は「未来をあきらめない」という意思表示。

12月16日は、選挙へGO!

「秘密保全法」って知ってますか?

P9220664



9月22日(土)に、約20名の市民や市議の方々を交えて、
<「秘密保全法」って知っていますか?>という勉強会を開きました。

 


「秘密保全法」…何やらカタく、ムズカシそうな名前。。。

しかも法律のことなんて、私には遠い世界だし、この法律ができたとしても、一般市民にまでは関係ないでしょ?…などと思っていませんか?


ところが、どっこい!

これは、日本国憲法の3大原則「国民主権主義・恒久平和主義・基本的人権尊重主義」を根底から破壊する可能性の多いに高い、極めて恐ろしい法律なのです。

 


実は、私も、「法律」と聞いただけで、専門外の遠い世界というある種の偏見を抱えていた一人です。けれど、今回の勉強会に参加して、そんな偏見に縛られている場合じゃない!と、背中を押された思いがしました。

 


 


 


P9220686


とにもかくにも、まずは知ることから…。

この日は、姪浜弁護士事務所の武藤糾明先生を講師に迎え、
秘密保全法」って何?…というそもそもの基本をおさえつつ、
それが具体的に私たちの暮らしやこれからの社会にどのような影響を及ぼす可能性があるのか、
そして、私たちが真の主権者(国の主人公)であり続けるためにこれからなすべきことは何かについて、丁寧に教えていただきました。

その報告は

http://nanohana.aikotoba.jp/himitsuhozen.html

にまとめてますので、ご覧ください。

私たちが、望むのは、一人ひとりの「いのち」が何よりも大切にされ、一人ひとりが真の主人公として生きていくことができる社会。

そのためには、「知らない間に、気づいたらこんなことに…」と後悔しないよう、先見のまなざしを持って、賢くしたたかに生きていかなくてはならないのだと痛感しています。

私たちの「自由に生きる」という権利を根底から揺るがす危険性の高いこの秘密保全法について、ぜひ、多くの方に知ってほしい。
そう、強く願っています。


アジアの樹

Sunset Live 2012 ♪ Part 2~キッズゾーン~

251589_173752916094075_475477062_n


今年、初めて担当した「キッズ・ファミリーゾーン」@ビーチ。

「大人も子どもも自然の子どもにかえろう!」のコンセプトで、
いろんな仕掛けを作りました。


33


昨年のサンセットライブで作ったスタードームは、今年も大活躍!

IMG_4310

中を子ども基地にして、砂を掘ったりお城を作ったり。
IMG_4376
IMG_4373


時には、いたずら好きの元少年が、落とし穴を作ったりも(笑)

↓みごと、ひっかかったラッキーなnちゃん。(おめでとう


15

子ども基地で使う、竹スコップも手づくりしました。
力作です
(協力:StudioTARN 謝謝!)
644266_174405156028851_791443494_n


大人にも子どもにも大好評だった「EARTH PAINT」

IMG_4313

キャンバスは青い空
03
538793_173752966094070_2104912210_n

ついに、キャンバスに描くところがなくなると、今度はボディペインティング・・・

393527_173754152760618_796268969_n
IMG_4378


外遊びに疲れたら、、テントでうちわづくり
523387_173432046126162_951762792_n
24
子どもたちの素敵な笑顔も壁一面に並びました。
「みつばちおうちえんの子どもたち」写真展(By 山本香織)
293252_172897869512913_65879430_n

+++

キッズ・ファミリーゾーンは、Ubdobeさんとチカケンさんとの初コラボ!
共に、数多の野外ライブでブースを展開してこられたプロフェッショナルな人たち。

Ubdobeさんは、ゆび編みワークショップ、ロディヨガ、リラクゼーション、託児ルーム
を展開。
IMG_4345

菜の花のメンバーもゆび編みを伝授してもらいました。
楽しかったぁ~
527929_173753046094062_494151940_n


そして、チカケンさんが作ったのは、ハイジもびっくり 
巨大な竹のブランコ!
580006_173431582792875_1409258331_n
01
04

あ~、みんないい顔っ
もちろん、大人も…
IMG_4369

ほんと、空まで飛べそうな気がするよ…
305230_173431782792855_2128750149_n


しかも、このブランコは、人の手のみで制作!(重機は一切使用してません)
前日準備の時に、その制作風景を横で見ていた私は、感動しまくり・・・

IMG_4298


人間って、こんなにすごいっ!
・・・って、なんだか涙出てきた。

うまく言えないけど、チカケンのみんな、ありがとう。


そして、Ubdobeのみんな、
菜の花メンバーのみんな、
糸島の大地と海と空・・

こんなに豊かな時間をありがとう。

304419_173431882792845_392922785_n



by アジアの樹
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ